キャッチコピーで決まる!効果のでるDMを作成するポイント


DMでは、受け取った人が興味を引かれる言葉がないと中身まできちんと読まれない可能性があります。

いってコピーは瞬間的に理解できて、その先を知りたくなるように作ります。ポイントは、短く言い切ることです。言いたい要素をなるべく短い単語で表現します。すると相手に届くスピードが速くなり、記憶にも残りやすいです。また疑問文も効果的です。

相手が「イエス」で答える疑問形のキャッチコピーは、自分向けのDMだと感じてもらえます。特に送る相手の悩み事や将来が楽しくなりそうなことを投げかけます。同じ疑問文でも突拍子もないアイデアだと、相手はその理由を聞きたくなるので続きを読みたくなります。疑問文は語りかける内容によって雰囲気や受け取り方が異なるので、バリエーションが豊富になるテクニックです。

日本語は、言葉を3つリズムよく重ねると慣れ親しみを感じます。例えば「見ざる聞かざる言わざる」は誰もが一度は聞いたことがあり、記憶の片隅に留まりやすいです。商品やサービスの特徴をできるだけリストアップして、似たようなリズムで発音できる言葉を並べると良いです。少し高度なテクニックに擬人化があります。これは物を人間のように扱うので、感情移入を促します。

「良い書籍がたくさんあります。」という内容を「本があなたに会うのをわくわくして待っています。」と表現するだけで、少し大げさな表現にはなりますが、商品との距離が近くなり興味を示します。

名刺印刷が早い!その理由とは


images

名刺作成を丁寧に扱っていくのであれば、インターネット関連サイトを上手く活用していく方法を模索してみる部分が重要です。

理想的な印刷をするには事業者へわかりやすい説明を日頃から心掛ける方向性が大切となっていき、価格的な箇所を含め冷静に対応をすることが大事なのです。

また経費をかけることを最小限にするためにも、迅速な納期やタイミングをしっかりとはかることにより、信頼を勝ち取ることにもつながります。スピーディーな対応ができる理由としては、まとめて質の高いコンテンツを作ることができるのか?だと思います。DMや名刺、パンフレットなど様々な紙ものの印刷ができるようなコンピュータによる技術が発達したことであるため、今後は作成から印刷まで全てをひとつの事業者が担うケースも増えていきます。

その一方でインターネットにおけるやりとりにはメリットが存在しており、理想的な環境を冷静になった確認することが個人経営の場合にも必要となるのです。ビジネスは日々進化していることから、その流れにきちんと沿えるかどうかが重大な問題にもなり得ます。

さらに仕上げに関する内容については、コストを最小限にした環境や国民のパソコンスキルが向上したことが背景となって、前向きな兆しを持つことができるようになるのです。

具体的なメリットを探りながら、自社にとって一番よい結果になるような方向性を模索していく部分が重要です。

いろいろなケースで使用が見込める名刺においては、将来的な需要を意識しながら適宜依頼することが最も賢明な判断となるのです。

会員登録も簡単にできる


インターネットは、これまでの広告の概念を根底から覆す新しい広告媒体だ。ただ、媒体としては産声を上げたばかりなので、そのメリットが正しく認知されていないのが残念である。

今回の取材に際しても、信じられないような広告効果の実例が数多く見受けられた。インターネットを利用したベンチャービジネスや個人売買ばかりに目が行って、広告に関して取り上げられている機会が少ないだけなのだ。

もはや、インターネットがよくわからないからと敬遠している場合ではない。とくに、宣伝のための予算が限られた中小企業、また、支社や営業所単位での広告に成功するには、インターネットを利用しない手はない。

ここでは、インターネット広告の素晴らしいメリットについて、実例をもとに詳しく解説しよう。ただし、費用がかからないというメリットに関しては本書全体のコンセプトであるので、あえてここで取り上げることはしない。本書全体を読み、インターネット広告でお金をかけずに成功するコツをつかんでいただきたい。

さて、インターネットで行う広告は、基本からして双方向(インタラクティブ)である。何気なく見ているランディングページでさえ、ハイパーテキストというしくみが用意されている。ハイパーテキストとはWWWの原点ともいえるしくみで、文中にある強調された文字列をクリックすると、別の文字列にジャンブできるというものだ。

すでにご存じの方も多いと思うが、見たいメニューのボタンを押すと、該当するページが呼び出される、いわばゲーム感覚のシステムだ。ユーザーは自分の見たいページを選択して閲覧することができる。この段階でユーザーの意志が反映しているというわけだ。テレビやラジオでもチャンネルを選択する意志があるが、ランディングページには無限の選択肢があるだけ、自由度が高いと言える。

ただし、それだけではどちらかというと受け身のシステムと思われるかもしれない。ところが、ランディングページの機能(ブラウザソフトの機能を含む)をうまく使いこなすことで、アンケートの回収や会員システムへの入会、商品の発注などが簡単に行える。

たとえば、ランディングページ上で刊行されているデジタル雑誌、「WEBマガジン」の例がある。「yma整骨院」のオンラインマガジンである「テレク」は、無料の会員制をとっており、すでに3万人以上の会員を集めている。入会の手続きは簡単そのものであるうえ、読者を会員登録することで会員の基本的な情報が集まってくるというメリットがある。

テレクの場合は、会員登録の際に氏名や生年月日、メールアドレス程度の情報を記入することになっているが、ほかに、住所や年収などを記入する欄を設けてもかまわない。ハガキや電話、FAXなどによるアンケートでの募集より、ユーザー側の手間がはるかにかからないことから、回収率はきわめて良好だ。

登録された情報をきちんと管理しておけば、後日、リストアップしたアドレスに対してダイレクトメールを送ることもできる。もちろん、悪用は絶対に避けなければならないのは大前提だ。

そこまでしなくとも、インターネットのユーザーの中から、自分のランディングページに興味を持った人々の年齢や性別、趣味などの傾向を知ることができるのは大きなメリットと言える。