キャッチコピーで決まる!効果のでるDMを作成するポイント


DMでは、受け取った人が興味を引かれる言葉がないと中身まできちんと読まれない可能性があります。

いってコピーは瞬間的に理解できて、その先を知りたくなるように作ります。ポイントは、短く言い切ることです。言いたい要素をなるべく短い単語で表現します。すると相手に届くスピードが速くなり、記憶にも残りやすいです。また疑問文も効果的です。

相手が「イエス」で答える疑問形のキャッチコピーは、自分向けのDMだと感じてもらえます。特に送る相手の悩み事や将来が楽しくなりそうなことを投げかけます。同じ疑問文でも突拍子もないアイデアだと、相手はその理由を聞きたくなるので続きを読みたくなります。疑問文は語りかける内容によって雰囲気や受け取り方が異なるので、バリエーションが豊富になるテクニックです。

日本語は、言葉を3つリズムよく重ねると慣れ親しみを感じます。例えば「見ざる聞かざる言わざる」は誰もが一度は聞いたことがあり、記憶の片隅に留まりやすいです。商品やサービスの特徴をできるだけリストアップして、似たようなリズムで発音できる言葉を並べると良いです。少し高度なテクニックに擬人化があります。これは物を人間のように扱うので、感情移入を促します。

「良い書籍がたくさんあります。」という内容を「本があなたに会うのをわくわくして待っています。」と表現するだけで、少し大げさな表現にはなりますが、商品との距離が近くなり興味を示します。

コメントを残す