スクール系のランディングページのポイント

sas

スクールでもWebサイトを持っており、学生募集の為に色々なタイプのページを持っています。

スクールで勉強をしようと考えている人に対して、広くページを見てもらう為には、ネットユーザーにスクールの存在を知ってもらう事が大切になってきます。
その為には、検索エンジンの上位表示がされる為に、Webページを最適化する事が必要になってきます。

SEO対策の一つとして、ランディングページを用意するというものがあります。
ランディングページは、商品やサービスなどに興味がある人々を集めて、より詳細な紹介ページや申し込みフォームなどに誘導する目的で導入されます。

スクール系LPは、学校でどのような事が学べるかを紹介し、ページの下部に申し込みが出来るページや学校のメインサイトに誘導するようにしています。
スクール系LPを導入する事で、より幅広い人々にサイトの存在を認知してもらう事が出来るようになります。

ランディングページ自体には、様々なSEO対策が施されており、見た人々が興味を持つように内容を纏めているページです。
縦長のレイアウトで構成されている事が多く、SEO対策に効果があるビッグワードやミドルワードを適度に使った文章コンテンツが主体となって構成されています。

LPを用意しておけば、メインサイトなどにSEO対策を施すよりも容易に対策を講じられ、キャンペーン毎に変更する事が出来ます。
画像を多く使っている事も特徴であり、スクールに興味を持ってもらいたい場合に有効な手段です。

コメントを残す