教えて!ランディングページ(LP)の効果UP方法

DSC_0024

おひさしぶりです!今日は久々の更新なので、ランディングページについての記事を書かせていただきます。

ランディングページを作る際、知っておくと効果的な構成の仕方をお伝えします。

ランディングページはファーストビューが命って知っていますか?

ユーザーはページにきて3秒で離脱するのか、下まで読むかを決めます。

だからランディングページのファーストビューはめちゃくちゃ大事なんです。

ファーストビュー:あなたの欲しい情報はこのサイトにある!という訴求パラグラフ(トピック/キャッチコピー・画像・コンバージョンボタンなど)

ランディングページを作る上で最も大切なのが『ファーストビュー』。最初のページです。人は出会って3秒で、好きか嫌いかを脳が即座に判断するといわれています。ランディングページは、表示された瞬間に読み手が求めるものがない場合、すぐにページから離れていってしまいます。はじめにお伝えした広告との連動を念頭に置きながら、『あなたがほしい情報満載の素晴らしいコンテンツなのです!』というメッセージをトピックに掲載して伝えましょう。

<構成要素>

キャッチコピー:訪問者が求める情報か?

ファーストビューのキャッチコピーは、訪問者がクリックしたときにインターネット広告や検索キーワードから想像して、訪問者の心に響くような常葉を選ぶことをお勧めします。

キャッチコピー周囲:誰に役立つランディングページか?

ランディングページが誰に役立つ情報なのか、何ができるページなのかを明示します。「独身女性にオススメ」「最近寝つきが悪いと感じる方に」などの訪問者へ対し語り掛けるような表記にすることで、“私のことかも!”と思わせるをつくりましょう。

メイン写真:訪問者が想像するイメージか?

メイン写真は訪問者に衝撃的なイメージを与えることができます。“これをすれば綺麗になれる”というイメージや“これをすればこんなにすごいものが得られる”など“自分のことだ”という気付きを抱いてもらえるために最も適しています。広告元のバナー広告と連動することで、イメージとのギャップを最小限に抑えることが可能です。

コンバージョンボタン:押しやすいボタンか?

効果UPのために大切なコンバージョンボタンは、訪問者が押しやすいようにファーストビューに入れておきましょう。さらに、ボタンの色・コピーライティング・ボタンの位置も追求しましょう。

まとめ

3秒で自社のアピールをできなければランディングページを作る意味がありません。

本当に効果的なランディングページを作りたいのであれば企画力のあるLP制作会社に依頼するのがいいでしょう。

特にファーストビューはこれでもか!っていうぐらい理論的にしっかり考えて作りましょう!

では本日はこれまでです(**)またね〜!(^^)!

コメントを残す