タワーマンションとは


集合住宅としてのタワーマンションとはつくられた塔状の高層建築物のことです。

ふつう、20階以上のものについていうことが多いです。「タワー型マンション」のことで、いくつもの階を重ねた建造物といわれています。

現在の日本では、通例、高さ31メートル以上のものをいうそうです。いま流行りのタワーマンションは値段も安く、デザイナーズ賃貸のような物件もかず多くあり若い人に合った生活ができそうです。タワー内にコンシェルジュが常備いたり、ジムや大型部屋、会議部屋も設置され、屋外にはきれいに整備された樹木の中に公園があったり、また医療機関や保育園、カフェなど施設が充実している所も多いです。

タワーマンションは、多くの住人が気持ちよく住めるように利便性に優れ、たとえばゴミ置き場は各フロアに設備してあったり、自転車置き場に各住居から何台でも自転車が置けたりする場合が多く、生活するのに便利なようにつくられているのが特徴です。このようなタワーマンションでもデメリットもあるのでしょうか。

それは地震のときです。超高層マンションですので地震のときに耐久性に優れているため、高層階は地震より揺れます。またエレベーターが止まった時などは非常用エレベーターが作動しますが、それでも集合住宅なので、スムーズにはいかないでしょう。そして高層階のため、窓が開けられない部屋が多いようです。

空けられても全開でないということも。ただ人気があるだけにメリットも多くあります。タワーマンション(超高層マンション)ならではの素晴らしい眺望を毎日楽しめますし、これは、本当に気持ちのいいことです。

北向きでもタワーマンションの高層階だと大変明るく、日中はあまり照明をつけないで済む場合が多いようです。ただ、バルコニーはあっても洗濯物は干せないなど、細かい規定はあるようです。

だから、事前に物件を探す時には各賃貸不動産会社のホームページをよく調べて、物件を精査する必要があります。

無駄に多くの物件に内見に行く労力を考えると、最適な情報がしっかりあるWEBページを見て精査していくのが合理的と言えるでしょう。

メリット、デメリットを大いに考えて、ご自分のライフスタイルに合った住まいを見つけてください。

コメントを残す