不動産ランディングページの集客ノウハウ

本日は不動産のランディングページ制作のポイントを3つにわけて解説をいたします。

? ボリュームの大元になるものと課題箇所の特定
効率的に成果を出すための集客元・流出口のボリュームの大元と、サイト内を全体的に上から見て構造を把握し、どこが課題かを特定します。
1.検索ボリュームを把握
Yahooのキーワードプランナーなどで、多くのキーワードの月間検索数(検索ボリューム)を調べます。「検索ボリュームを調べる」ことは「顧客ニーズを知ること」に繋がり、ターゲット像を選定するひとつの材料となります。

2.現状の重要課題点を特定
自分の作ったランディングページや自社サイトの現在の問題点をきちんと把握することが必要です。問題点を解決することを意識してランディングページを制作すれば、売上アップにつなげることができます。現在のランディングページが押さえておくべきポイントをクリアしているかどうかが分かります。

例えば、キャッチコピーとビジュアルが全く異なっていたら、これは問題点となります。このように現在のランディングページの問題点を探し、特定することで、新しいランディングページに活かすことができます。

? お客様の理解に沿ったコミュニケーション設計
お客様に対する理解を深め、競合と自社の強みを、ターゲット別に方針をたて仮説を設計します。

1. 競合会社の調査と自社の強み・優位を知る
競合の主な訴求ポイントは何ですか。競合がアピールしているポイントは何かを確認します。
そして自社についても強みと弱みを改めて見直し、把握します。
この調査の目的は、競合会社のアピールポイントを知ることで、自社はどのような戦略を打つべきかを決定する要素を訴求することです。

2. 予測できる顧客ニーズ
1で主な訴求ポイントの方向性が決まったら、次はその主な訴求ポイントがぴったりマッチするターゲットはどのようなお客様かを膨らませます。

ターゲットを具体的に決めておくことで、ランディングページの構成を作る時に訴求する事柄を進めることができます。どのような流れで構成案を作るか、訴求ポイントはどうするかなどを考える上で、「お客様にとってこの訴求ポイントは直球か?」を判断基準にするとよいです。

3. ターゲット検討工程の情報・先入観
ターゲットであるお客様のことをさらによく知るためには、お客様の行動を確認します。
行動を踏むことで、お客様がこの「デザイナーズ賃貸」をサイトで探すに至ったきっかけはなんだったのか、また競合とどんな面を比較して、実際に商品を買うことに決めたのかを、具体的にイメージすることができます。

?コミュニケーションの具体化
これまで設計した仮説を具体的に実現するためのサイトを設計します。
?で分かった現状の問題解決と、Bで決めた訴求ポイントでターゲットに直球するような構成を心掛けてください。

ここまでがランディングページの構成案を作りこむ前までの事前準備です。

コメントを残す