インターネットで不動産情報を探す楽しみ方

~山川武さん(兵庫県神戸市・ラジオ局勤務・29歳)

私はラジオ局でミキサーの仕事をしています。

職場からインターネットにアクセスし、ほかの放送局のホームページや新聞社が出しているニュースはいつもチェックしています。

特に転勤が多いので、12月ぐらいからは転勤の内示が出た瞬間に不動産サイトで検索しまくってますw

毎日1時間から2時間はネットサーフィンをしているので、サーチエンジンのYahoo! JAPANに出ている広告はよく目につきます。

とくに定期的に内容が変わっているものは一応チェックします。でも、クリックしてそのサイトに飛ぼうとまではなかなか思いません。

ほかに、雑誌に載っているホームページで興味がある分野を探して見に行くこともあります。

旅行関係や音楽関係は個人的に好きなのですが、とくに歌手の佐野元春さんのファンなので、ホームページを見つけたときには、どんな内容なのかすごく興味を持って見に行きました。

そこでは近況報告があったり、リアルオーディオで曲紹介のDJが聴けたりして、「インターネットならでは」と思いましたね。だいたいネットサーフィンは、そういう好きなホームページからはじまって、リンクしているところに飛んでみることが多いんです。

やっぱりインターネットをする以上、楽しんで情報を探す方がいいと思います。

コメントを残す