東京のタワーマンション

今話題のタワーマンション。東京の賃貸マンションで一番人気なのがこのタワーマンションではないか。「タワーマンション 東京」では月間平均検索ボリュームが400、タワーマンション単体では6700を数えている。
そう考えるといかに沢山の人がタワーマンションに憧れ、沢山のタワーマンションが建造されていることが分かる。
この日本の大都市の中でタワーマンションが一番多い都市と言えばもちろん東京であろう。日本の首都であり都内の中で一番所得の多い人が集まっている。なんと調査会社の調べによると港区の人口の平均年収は1000万だというから驚きだ!
いつも朝のニュースで新橋のお父さんたちにマイクが向けられている。「いやーこの前お小遣い減らされちゃってさー毎日500円しか使えないよ」「ランチは500円以上は使えないよ!お小遣いなくなっちゃうから」「最近はカラオケボックスでランチしてるよーカラオケもできて500円でランチが食べれるんだよね」などなどこんな会話が繰り返されている。
私は表参道でいつもお昼を食べている。表参道で食べるランチは最低でも1000円はかかる。1200円くらいが通常であろうか。自分は目を疑ったことがある。ガレットという食べ物だ。フランスの料理でそば粉を水で溶かした生地をのクレープ状に薄く焼きソーセージやポーチドエッグレタスなどをまいて食べる料理だ。表参道ではなんとこの料理がランチで3000円とかするのだ。
新橋のお父さんたちはこれを見たらどう思うだろう。

新橋と港区どちらが本当の日本の現状なのかはわからないが港区はすごい。話がそれてしまったが、東京は所得の高い人が多いので自然とタワーマンションに住む人も多い。よって東京にはタワーマンションが多いと言える。
住むメリットとは何だろう。

東京ならではの眺望が望める。
高度があるので風通しがよく夏は涼しく過ごせ、冬は日が当たり暖かい
1階にスーパーや薬局、獣医、コンシェルジュなどサービスが充実しているので生活至便。
虫が飛べる高さではないので夏窓をあけても蚊が入ってこない。
タワーマンションに住んでいることがステータスとなる場もある。

いいことだらけだ。東京に住んでない人も上京して成功した暁には是非タワーマンションに住むことを検討してみてほしい。

コメントを残す