目黒のタワーマンションの特徴

今日は目黒のタワーマンションの特徴について話したいと思う。都内の中でタワーマンションが結構立っている地域はいくつかある。田町、六本木、新宿、赤坂、新宿、品川&港南、池袋…ect
都市計画法によってタワーマンションが建てられない地域というのもあると思う。しかしタワーマンションが建つ地域には一定の法則がある。

仲介業者を通さず自分で家を売りたい」と専門家に相談してみたら・・・

●基本的にビッグターミナル
●人気の駅であることが多い。
●土地が安い。

などである。タワーマンションが建造される地域には必ず付加価値があるのだ。今回は目黒の高層タワーマンションについて考えてみよう。何を考えるかという付加価値について。

目黒といえばタワーマンションでなくてもやはり誰もが知っているのが目黒川だろう。目黒川沿いに植えられている桜!これが人気。目黒川は桜の名所でタワーマンションのバルコニーから広がる桜の風景は絶景で人気。
特に目黒川沿いのタワーマンションや分譲マンションは1階部分にラウンジが設けられ、ラウンジから満開の桜を眺めることが出来るように設計されていることが多い。

【目黒のタワーマンションまとめ】
エティア目黒ウエストタワー
トレステージ目黒
ドレッセ目黒インプレスタワー
パークタワー目黒
レジディアタワー目黒不動前
MFPR目黒タワー
パークキューブ目黒タワー(旧アパートメンツタワー目黒)
ライオンズタワー目黒川
エティア目黒イーストコート
TK池田山ハイツ
アクロス目黒タワー
MG目黒駅前
あとは食!目黒駅はとんかつとんきを初め美味しい飲食店が多いことでも有名。また目黒駅はラーメンでも激戦区である。
それと芸能人!目黒のタワーマンションには芸能人も住んでいることで有名。やはり女性が憧れるのもうなずける。
ネオン街やポンひきなどが一切なくおしゃれな街な感がある。その目黒に建つタワーマンションに住むのはある意味一種のステータスであると言える。

是非目黒のタワーマンション達を見てほしい。

コメントを残す