契約開始日(賃料発生日)について

今日は契約開始日のお話をします。お部屋を借りる際にはまず申し込みをします。不動産を借りるためには入居審査というものがあり、入居したあとにキチンと賃料を支払える能力があるかどうか管理会社や大家さんが審査するのです。申し込みとはこの入居審査を受けるための申し込みの事を指します。審査の内容はお勤め先の会社の規模や勤続年数、年収、業務内容などが見られます。その入居審査のお申し込みをするとだいたい平均して2週間から3週間後には家賃が発生してしまうのです。

つまり物件というのは仮押さえという事をすることができず入居の意思を示して申し込みをすると家賃が発生してしまうのです。けっこう仮押さえをしたいって方が多いのですが実は不動産業界でそういう制度はないのです。しかし申し込みをした後に賃料が発生しないケースもあります。それは空き予定の物件を申し込みした場合です。

空き予定の物件とはまだお部屋に入居者が住んでいるけどお部屋の募集が出ている物件のことを言います。

解約予告というものがあって通常お部屋を出る際は退去する日の1か月前に管理会社に伝えることになっています。これを解約予告1か月前と言います。解約を出した部屋は1ヶ月後に退去し内見できるのですが、その2日後くらいには募集がはじまります。これを空き予定の物件と言います。空き予定の物件は内見しないと契約できないので申し込みしてもすぐに家賃が発生しません。よって場所や物件、条件を見て気に入っている物件だったら先に押さえてしまう事を特にお勧めします。そして実際に内見をして気に入ったらきちんと契約すればいいのです。これを先行申込みと言います。しかし気に入ってもないのに何でもかんでも申し込みすることは良くありません。申し込みをすると募集がストップしてしまうので本当にその物件に住みたい方がいたとしたらオーナーさんや管理会社、もちろん我々仲介業者としてもとても残念だからです。

良くない事でも欲張りなお客様もいるのも事実なので100%先行申込みからのキャンセル、つまりそんなに気に入ってないものの申し込みをすることを防ぐことはできません。

そんなオーナー様たちの為に先行契約という制度もあります。これは先行申し込みしたあとに内見することなく契約することをいいます。

通常は現入居者が退去した後にリフォーム業者が中を見てリフォーム完了日を決めてから契約日を決めます。この先行契約は万が一の場合はリフォームのUPが間に合わず契約開始日がきても入居ができない!なんてことがまれにあるので退去日からかなり余裕をもって契約日を決めます。

高級賃貸を探す上で一番重要なことはこの先行申し込みという制度を活用することです。高級賃貸はみなさん希望されている条件が似ているのでいい物件が出ると申し込みが入ってすぐ終わってしまいます。これは見つけた方がすぐ先行申し込みをしている為です。先行申し込みを躊躇しているといつまでたってもいい物件を押さえることが出来ません。高級賃貸は良質な物件が出た時にすぐそれを見つけられるよう常にアンテナを張り迅速な対応をすることがとても重要な事なのです。