仲介手数料について

今日は仲介手数料についてお話ししたいと思います。そもそも仲介手数料とはどういったものでしょうか。賃貸も売買も不動産取引においては貸したい人と借りたい人がいます。貸したい人は賃料査定をしてもらったり広告の募集等を行ってもらったりお客さんを見つけたり契約書を作ったりといった業務をしてもらいます。又借りたい人は広告をみて色々な物件を探せたり実際に内見をさせてもらったり契約したりといったことをしてもらいます。

不動産仲介業者はこのように大家さんと借主さんの間に立って仲立ちをすることを業としている会社です。そして無事に賃貸借契約を結ぶことが出来れば成功報酬として頂く金額が仲介手数料なのです。ところで仲介手数料って同じ物件でも取り扱っている不動産業者によって様々だったりしますよね。仲介手数料の上限は業法で成約賃料の1ヵ月分(税抜)と決まっています。よくCMで見かける某不動産会社は取り扱っている物件すべて仲介手数料半額などと歌っています。そのような業者は手数料を半分にしてカツカツの経営方針で頑張っているのでしょうか(笑)

実はあまり知られていないのですが、媒介契約を成立させると大家さん側からも仲介手数料をもらえる物件があるのです。そのような物件を誓約すると不動産業者の手数料は大家さんと借主さんのもので合わせて2ヶ月になります。某不動産会社はそのような物件を集めて手数料半分として利益を1.5ヶ月にしていたんですね。

現在多くの不動産が大家さんから仲介手数料をもらえる現状の中かたくなに仲介手数料を出さない大家さんもいます。これはどういう事なのでしょうか。実は大家さんが仲介手数料を出す、出さないというのは相場よりも安い、安くないといった部分もありますが物件の目的によるものなのです。さらに言えば賃貸マンションなのか分譲マンションなのかというところです。このマンションは建てられた目的が全く異なります。賃貸マンションはその名の通り人に貸すために立てられたマンションです。よって早くお客さんに入居してもらってなるべく満室の状態をキープしたいのです。よって賃貸マンションは仲介手数料を出して色々な不動産に広告してもらい、礼金ゼロやフリーレントなどのキャンペーンをどんどん打ちだします。それに比べて分譲マンションは購入したオーナーさんが住むことを目的としたマンションです。(一部投資用マンションなどもあります。)

ここでちょっと車でイメージして頂くと賃貸マンションはレンタカー、分譲マンションはマイカーという認識だと面白いかもしれません。レンタカーは色々な人が使いますのでそこまで設備もグレードも高くないですよね。逆にマイカーはどうでしょう。設備もグレードもこだわられた特上の一台ではないでしょうか。分譲マンションも一緒でこだわり抜かれた設備とグレードを兼ね備えたオーナーさんの資産です。

どうでしょう?!あなたでしたらお気に入りのマイカーを誰かに乗ってもらうとしたらちゃんと事故を起こさない、安全運転で車を労わってくれる人に乗ってもらいたくないですか?従って分譲マンションが賃貸に出る場合はオーナーさんは入居者は誰でもいいというわけではないのでしっかり仲介手数料を払える安定した方を望んでいるんです。当然仲介手数料もいただけないわけです。

初期費用を押さえてお引っ越しをされたい場合は賃貸マンション、グレードや設備にこだわりたい場合は分譲マンションを探すとより希望に沿った高級賃貸マンションが見つかりやすいと思います。