フリーレントについて

フリーレントはその名の通りただで借りれる、つまり家賃タダという意味です。特に賃貸マンションを経営するオーナー様が空室率を解消するために行うキャンペーンの一つです。

家や土地を売るときに重要な不動産会社を選ぶときの心構え

フリーレントは賃料交渉と同じ効果があります。賃料30万円、フリーレント1カ月の物件は2年契約で考えると

300、000円÷24カ月=12、500円

の賃料交渉と同じなのです。僕は以前南青山に2年間住んでいたのですが、フリーレント5カ月の物件に住んだことがありました。賃料が20万円だったので2年間で考えると

20万円×5カ月÷24カ月=41,600円

20万円の物件が16万円で借りれた計算になります。フリーレントは仲介手数料無料にも勝るキャンペーンと言えます。

フリーレントとは2種類あります。最初からキャンペーンの対象となる物件と交渉を通して得られるフリーレントです。では後者のフリーレントを獲得し高級賃貸を有利に借りるための方法はあるのでしょうか。これはとても難しい交渉技術が必用なのですが、一番簡単な方法をひとつご説明したいと思います。それは賃料発生日から実際に住み始めることができるまで時間がかかるという理由を作ることです。

例えば店舗などがいい例です。

店舗や事務所は内装工事や電話工事の手配と工事、インターネットの工事など賃料開始より営業開始まで日数がかかります。その間の空家賃やとても痛手と言えます。前回お話しした賃料交渉の記事の中でご説明した賃貸リスクの交渉術と掛け合わせフリーレント交渉しましょう。