学生にWEB依頼するメリット

学生の間で、ランディングページ作成のアルバイトが盛んに行われている。

なかには会社組織に近いことまでを行っている者もいて、「学生」というくくりでひとまとめにするのは彼らに対して失礼にあたるかもしれない。

ただ、比較的安い格安料金で、時間と手間をかけた質の高いランディングページを作ってもらえるという利点と、ビジネスやプロモーションのなんたるかをいまいち理解し切れていないという面が背中合わせになっていることは否めない。

彼らに依頼するメリットとデメリットをよく理解した上で発注すると、非常にコストパフォーマンスの高いランディングページができ上がるはずだ。

今回、「LPOプラス」の代表に話を聞いた。

2人とも取材時には大学の3年生だが、すでに多くの企業と契約し、30以上のランディングページを制作。ビルの一室に事務所まで構えている。アルバイト感覚の学生とは違い、プロフェッショナルな付き合いができそうという印象だ。

基本的には作成までの一切を引き受け、さらに、メンテナンスや情報管理も依頼することができる。アンケートの管理や分析まで柔軟に対応してくれるのだ。

コンピュータを所有していなくても、インターネット広告が打てることがウリだ。もちろん、「ピピン@アットマーク」など、インターネットを見ることができる端末があれば完璧である。

「電通、博報堂が大手の量販店だとすれば、我々はカスタムメイドの店。そんなスタンスで話を進めていきます。要するに、お客さんとしっかり話をした上で、望むものを作るということです。大手でしたら『ここはこういう決まりがあって、それを越えると高くなってしまう』といったようなこともあるでしょう。けれど、最初から低料金で、しかもカスタムサービスを提供するという点が我々のウリです。また、学生だということで、大手の方々にも負けないくらいのスピードで最新技術を取り入れています」

彼らは学校でランディングページ作成の最新技術を学んでおり、それを素早く自分たちの仕事に反映している。ランディングページを作成しているスタッフは6名で、全員学生。今後、さらに人数を増やす意向だ。

コンピュータプログラミングには、若さが大切なファクターとなる。しかも、学校でランディングページ作成の技術を研究しているとなれば、まさに、鬼に金棒だろう。

もちろん、値段も安い。基本的には「この値段でやってくれ」と頼めば、よほど無理な金額でなければ応じてくれる。

「『パソコンは何を買ったらいいんですか』など、パソコンのイロハからお教えしています。大手に制作を依頼すると、担当者をつけないといけないなど、面倒な部分もありますが、当社は一度お会いしてお話をさせていただければ、そのときの状況に応じてパソコンの扱い方からお教えしています。インターネットのことがわかっていないお客様でも、電話を一本いただければ、すべての質問やご相談にお答えして、その方に一番合ったやり方で導入をすすめます」

彼らは若いだけに、年齢だけで安心感に欠けてしまう部分があるのも事実だ。だが、ことインターネットに関しては相当な知識と経験を持っている。広告に関する知識や経験は広告代理店にかなうはずもないが、インターネット広告は既存の広告とは異なる効果を上げることも多い。

とりあえず、かぎられた予算で格安ランディングぺージ制作をしてインターネット広告を展開するなら、彼らに頼むというのも有力な選択肢である。それこそ、数万円からの広告展開が可能となる。

コメントを残す